Vamos assistir à novela brasileira! ブラジルドラマを見よう!

ブラジルドラマを見ながら、楽しくポルトガル語のお勉強をしちゃいましょ!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

あらすじ:Babilônia (4/27~5/2)  Resumo da novela Babilônia dia 27 de abril a 25 de maio 

毎日、暑くなってきましたね。
まだ5月なのに、もう真夏日のような日もあって、これからどうなるのでしょ?
皆さんも健康にはお気をつけくださいね。

あらすじ、相変わらず遅れたままですみません。
もう1ヶ月の遅れですね。(汗)
遅れを取り戻せるよう、がんばります。

では、第7週目のあらすじです。
いつも読んでいただき、ありがとうございます。




あらすじ(4/27~5/2)

Reginaはビーチで‘性を売る女性’として働かないか、とMuriloの商売に勧誘され、彼女は激怒し、Viniciusと共に彼を兄弟だとは知らずに捕らえようと仕掛ける。
自分の正体が兄にばれてしまい、Muriloは警察には引き渡さないでくれと、懇願するが、Paulaがすでに呼んでおり、彼は警察に連行される。
当初、母親のOlgaは...


ブログランキングに参加しています。
いつも応援してくださり、ありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村
-- 続きを読む / Leia mais --
スポンサーサイト

category: あらすじ Resumo Babilônia

thread: ★海外ドラマ★ - janre: テレビ・ラジオ

あらすじ:Babilônia (4/20~4/25)  Resumo da novela Babilônia dia 20 a 25 de abril  

みなさんお元気でお過ごしですか?
この週は、DiogoがだんだんBeatrizのとりこになっていくのをヤキモキして見ていました。
この悪女につぶされてしまいませんように。。。と思いながら。
Rafaelは自分の親のことをLaísに理解してもらえずつらい思いをしましたが、
実際自分がLaísと同じ境遇に置かれたら、どうでしょう。。。?
難しい問題ですね。

では、第6週目のあらすじです。
いつも読んでいただき、ありがとうございます。



あらすじ(4/20~4/25)

RafaelはTeresaをかばって自分の両親は同性愛者であることをLaísにわかってもらおうとするが、Laísは動揺を抑えきれず、帰ってしまう。EstelaはRafaelにちょっと時間を置いてみては、とアドバイスする。
また、EstelaはTeresaの息子Lauroが自分たちの結婚式に来てくれるか心配する。

Rafaelに対する対抗心から…


ブログランキングに参加しています。
いつも応援してくださり、ありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村
-- 続きを読む / Leia mais --

category: あらすじ Resumo Babilônia

thread: ブラジル - janre: 海外情報

あらすじ:Babilônia (4/13~4/18)  Resumo da novela Babilônia dia 13 a 18 de abril  

楽しかったGWウィークも終わり、また仕事に追われる毎日が始まりました。
気づいたらあらすじが何週間も遅れて、すみません。
ドラマはBeatrizを中心に急展開ですね。
今週放映のものまで追いつくようがんばりますね。

では第5週目のあらすじです。

いつも読んでいただき、ありがとうございます。



あらすじ(4/13~4/18)

Laísは両親に隠れて、学校帰りにRafaelと会う。
そして友人のSandrinhaの協力を得て、Rafaelの家を初めて訪れ、そこでRafaelの母Estelaに初めて会う。年老いた母親に驚いた彼女に、Rafaelは彼女は本当は自分の祖母で、生みの母親が亡くなってから自分を育ててくれたから母親も同然だと説明する。しかし父親のことを聞かれ、Rafaelはまだ答えられないでいる。
LaísはRafaelとダンス教室に行くため、母親のMaria Joséを説得し、彼女の送り迎えでピアノのレッスンに行くとして、なんとか父親の承諾を得ることができる。

PaulaはKarenに...



ブログランキングに参加しています。
いつも応援してくださり、ありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村
-- 続きを読む / Leia mais --

category: あらすじ Resumo Babilônia

thread: ブラジル - janre: 海外情報

ドラマ「O Rei do Gado」 

しばらく前から、21時のドラマのほかに注目しているドラマがあって、合間に少しずつ見ています。
それは「Rei do Gado」という1996年からに1997にかけて放映された昔のドラマです。
なぜそんなドラマを今見ているかというと、グローボ局が今年設立50年とかで、その記念に過去の評判のよかったこのドラマを「Vale a pena ver de novo」という再放送枠で今年の1月から放映中だからなのです。

知人からこのドラマはイタリア系移民のストーリーが描かれていて、子供のころ見ていてすごく好きだった、というのをよく聞いていたので、ずっと興味がありました。
You Tubeなどでも最近は厳しくてもう見ることができないだろうなぁって思っていたのですが、今再放送というとてもよい機会に恵まれて、少しずつですが見ています。

時は1943年、MezengaとBerdinaziという共にコーヒー農園を経営しているイタリア系移民の2家族が、その土地の所有をめぐって始終言い争い、そのうち第2次世界大戦が始まり、その歴史の波に翻弄されていくつもの人生ドラマを送るというのがこのドラマの背景です。
第一の局面はこの争いを続ける2家族のイタリア2世が愛を貫き、所帯を持ち、徐々に衰退していくコーヒーから牧畜に移管していく様子が描かれています。

はじめの10話ほどはイタリア移民のストーリーを追っているゆえ、話している言葉はイタリア語なまりのポルトガル語で、単純にポルトガル語の勉強に、と言う訳にはいかないのですが、
そこはご愛嬌、「mi amore」、「va con Dio」、「mi vita」などとイタリア語もどきを聞いて楽しんでいます。

このドラマはBenedito Ruy Barbosaという脚本家によって書かれたものなのですが、彼の描くドラマは本当に素晴らしいです。
彼は移民の歴史に精通しているのか、ドラマの中にイタリア移民の歴史だけでなく日系社会のこともドラマに取り入れていました。いわゆる戦後の「勝ち組、負け組」の混乱で自国の勝利を信じる「勝ち組」が真実を訴える「負け組」を殺すという場面もありました。子供たちが輪になって「靴がなる」を歌っていたのが印象的でした。
この人はこのドラマの何年か後に「Terra Nostra」というこれもイタリア系移民のドラマも書いています。
またもう一つ、このドラマで、土地を持たない農業労働者の問題を取り上げてメディアで大きな反響を呼び、社会問題となったことも大きな話題となったそうです。

約20年前のドラマなのですが、時折知っている俳優さんが現れるのも楽しいサプライズです。
「Amor à vida」で主人公の父親役をやっていたAntonio FagundesやNikoのパートナーEron役のMarcello Antony、「Salve Jorge」に出演していたLetícia SpillerやVera Fischer、そして今見ている「Babilônia」のBeatriz役のGlória Piresなど、彼らの若かりし日の活躍を楽しんでいます。Glória Piresはここでも悪女役!両方のドラマで彼女の悪役振りを見比べるのもいいかもしれません。
私の好きな女優さん、Patricia Pilarの演技が見られるのもうれしいですね。

今舞台は1996年、このドラマが放映された頃に移り、3世のMezenga家のBrunoとBerdinazi家のLuanaが出会い、その愛のストーリーが今なお続く2家族のいさかいの中でどうなっていくのか、これからも少しずつ彼らの人生ドラマを追いかけてみたいと思います。

1月12日に始まったこのドラマ、でも実はまだ20話ぐらいしか見られていないのですが、壮大なファゼンダとその中を群集をなして走りぬける「Rei do gado」の牛たちの姿、雄大なブラジルの自然には本当に感動してしまいます。
もし興味のある方、ぜひご覧になってください。おすすめです!

ブログランキングに参加しています。
いつも応援してくださり、ありがとうございます!
にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村

category: その他 Outros

thread: ブラジル - janre: 海外情報

Trilha sonora de Babilônia 1 

ブラジルドラマを見る楽しみの一つに“Trilha sonora”(サントラ)があります。
新しいドラマを見るたびに新旧取り混ぜてブラジルの音楽を知ることができるので、毎回とても楽しみです。
新しい歌手やバンドを知ることもあるし、ブラジルでは昔の名曲を今活躍中の歌手がカバーするということも多く、
私にはいつも新しい発見があります。

今回最初に私のハートを射止めたのは、ReginaとViníciusのシーンで流れる、かの有名なCaetano Veloso「Sonhos」という曲です。
Caetano Velosoのやさしい語りかけるような歌い方が、ReginaのViníciusへの思いがあふれる様子がジーンと伝わってくるようで、まさにこの二人のシーンにぴったりの曲です。

早速You Tubeで調べてみると、Caetano Velosoの他に、Kids AbelhaのボーカリストPaula Tollerや作曲家のPeninhoが歌っているものがヒットしてきました。
それぞれどれもいいのですが、やっぱりCaetano Velosoが歌っているものが一番のお気に入りです。
でもPaula Tollerのきれいな声も捨てがたいかな。。。



ブラジルのドラマでは「誰々のテーマ」として各カップルのシーンごとに音楽が決められます。
なので、その音楽のイントロが流れてきたら、次はこの人のシーンなんだな、とわかるくらいです。
もしみなさんがこの曲きれいだな、でもなんていう曲かわからないな、という時は、
「Tema de Regina e Vinícius」というように登場人物の名前を入れて「誰々のテーマ」と検索してみてください。
するとたいてい曲名が現れてきますよ。

ブラジルのドラマのすごいところはそれぞれのシーンに合わせて、今はやりのMPBだけでなく、セルタネージョからボザノヴァ、はたまたファンキーまで、また洋楽(アメリカンポップス)までもうまく取り入れているところです。
各ドラマともいつも「Nacional盤」(ブラジル国内音楽)と「Internacional盤」(海外音楽)と二つのサントラ盤がリリースされ、たっぷりドラマの余韻にひたることができます。

これから長丁場のこのドラマ、まだまだ新しい音楽に出会えそうですね!

category: Babilônia

thread: ブラジル - janre: 海外情報

Perfil

Calendário

Últimos postos

Comentários

Trackback

Páginas antigas

Categorias

Obrigada pela visita!

Contato

Pesquisar

RSSリンクの表示

Link

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。