Vamos assistir à novela brasileira! ブラジルドラマを見よう!

ブラジルドラマを見ながら、楽しくポルトガル語のお勉強をしちゃいましょ!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

あらすじ:Amor à Vida (5/27~6/1)  Resumo da novela Amor à Vida dia 27 de maio a 1 de junho  

みなさん、ドラマ「Amor à Vida」ご覧になっていますか?
新しいドラマの評判、いいようですね。
アップテンポで話が進んでいること、それからドラマのテーマが「愛」について、とすべての人に身近な話題であることがその理由のようです。

このドラマが始まってもう1ヶ月が経とうとしているというのに、全然記事をアップできなくてすみません。
毎日ここをのぞいてくださっている方には本当に申し訳なく思っています。

先日出演者の一人、主人公Palomaの父親役のAntonio Fagundesがある対談番組で、作者のWalcyr Carrascoと「ドラマの展開が速いねー。もうすぐ20話、もうこのドラマ終わっちゃうんじゃない?」なんて冗談を言っていたと、笑いながら司会者に語っていました。
私も第1話から、出会って付き合い、妊娠、別れ、など展開速すぎと思っていましたが、これはまだプロローグ、これから本当の話が始まるのだと、見ていて楽しみです。

作者のWalcyr Carrascoは、あるインタビューで次のように語っていました。
「これは家族について書かれているドラマで、愛というのはすべての基本だと思うのです...」
彼の製作のプロセスはとても直感的なのだそうで、ストーリーもあらかじめ構想を立てたりしないそうなので、彼自身もこのドラマがどのような展開になっていくか、まったくわからないのだとか。
俳優さんたちも少しずつストーリーを明かされながら演じていくそうで、結構大変ですね。
「…私のテーマは感動的であること、みなさんが人生における愛について感じて下さることです。
私たちは自分の人生を愛する必要があると思います。」

さて第2週目のあらすじです。
一緒に楽しんでもらえたなら、うれしいです。


Olá, a todos!
Vocês têm assistido a novela "Amor à Vida" ?
Parece que essa novela está sendo bem recebida pelo público, não é?
A trama está tendo com um ritmo rápido e o tema da novela é sobre "amor", que é próximo de vida de todo mundo.
Eu acho que isso é um dos motivos.

Depois de começar a essa novela, quase está passando um mês.
Mesmo assim, me desculpe por não ter postado o texto aqui.
Sinto muito para quem tem visitado todos os dias.

Outro dia, Antonio Fagundes, um dos atores que está representando na novela, ele está fazendo o papel de pai da Paloma, a protagonista, contou rindo para apresentadora num programa
que brincou com Walcyr Carrasco, o autor dessa novela; "Essa novela está sendo muito rápida! Daqui a pouco chegará ao vigésimo capítulo, mas parece que essa novela já está acabando, não é?"
Eu pensei a mesma coisa. Pois desde o primeiro capítulo tinha o assunto de conhecer, namorar, engravidar e se separar, e etc...
Na verdade, isso é ainda um prólogo. Daqui em diante que vai começar a história verdadeira, não é?
Não vejo a hora de continuar a assistir!!

O autor Walcyr Carrasco estava contando numa entrevista o seguinte.
"Isto é uma novela que vai falar de famílias e o amor é a base disso tudo... "
Diz que o seu processo de criação é intuitivo e ele não planeja a história.
Por isso ele mesmo não sabe nada como a trama vai se desenvolver.
Os atores também vão representando sendo revelada a trama pouco a pouco, então posso imaginar que é trabalhoso.
"... A minha questão é emocional e eu quero que as pessoas sintam amor à vida. A gente precisa amar a vida", declara o autor.

Bem,escrevi o resumo da segunda semana da novela.
Se você estivesse curtindo a novela, eu ficaria muito feliz!


あらすじ(5/27~6/1)

Palomaに、あなたはどんなふうに子供を亡くしてしまったのか聞かれたBrunoは家族への説明と同様、Paulinhaの双子の兄弟は母親と共に出産時に死亡したのだと説明する。
Palomaの計らいで病院の食堂で働いているValentimは、Ninhoがブラジルに戻ってくるとPalomaに知らせる。
Palomaのことをとても好いているPaulinhaは、自分の誕生パーティーに彼女を招待する。
「うちでのパーティーはとてもシンプルであなたがいつも慣れているようなものではないけれども…」と言うBrunoに、Palomaは、あなたはまだ私のことを知らないわね。私はそんなことを気にするタイプではない、と笑顔で「もちろん行くわ。」と答える。

誕生プレゼントに何を贈ろうか思案した結果、PalomaはPaulinhaに子犬をプレゼントすることにする。ずっと犬を飼いたがっていたPaulinhaはうれしくてたまらない。
BrunoとPalomaは互いへの思いを強くしていく。そしてPalomaはBrunoを自分の家族に紹介する。
が、母親のPilarは娘の相手としては似つかわしくないと、付き合いに反対する。

Paulinhaがかわいくて仕方のないPalomaは、Brunoへの思いもあって、3人で頻繁に出かけるようになる。
そんな3人の様子を伺っていたGlauceは、Brunoへの思いとPalomaへの嫉妬心がない交ぜになって、
どういう思いであの時赤ん坊の書類を作成したかわかる?…、とBrunoに思いをぶちまける。
しかし、Brunoはあなたは僕にとってずっとよい友達だと、返答する。

AlejandraはNinhoに一緒にブラジルへ行こうと勧めるが、「もうあんたの言いなりにはならない。今度は自分で行く方法を見つけるよ。」とヒッチハイクをしながら、ブラジルに向かう。
ブラジルに到着したAlejandraは、Palomaの病院を訪ねる。
そしていいニュースがある、Ninhoがブラジルへあなたに会いに来る、と言う。
が、Palomaは困惑し、実はもう彼のことは忘れたい、私はもう新しい人生を歩き始めているから、と答える。そうこうしているうちに、Ninhoもサンパウロに着き、Valentim、Alejandraと再会する。そしてNinhoはPalomaの居場所を教えてくれ、と言う。
彼女は会いたがっていないと伝えても、そんなことは意に介しない、自分は彼女に会いにブラジルに来たのだからと、彼は一人で彼女を探しに行く。

San Magno病院に最近...
San Magno病院に最近赴任し始めたばかりの医師JacquesはFélixと知り合い、二人は友好を深める。
彼は術時に先輩医師Luteroの手が震えているのを見てしまい、
Félixに、彼はもう臨床医の管理職から遠ざかった方がいいのではないか、とほのめかす。
                                            
Félixが病院の取引会社の担当者と話をしているのを知り、Atílioは不審に思う。
そして妻のVegaも夫に、Félixに注意するように忠告する。
AtílioはFélixが話をした取引会社の者と会い、Félixが何を要求したのか尋ね、そして新たに契約した内容を見て恐れる。それはFélixが病院の金を、それも父親の経営する、盗もうとしていることをだと知って。。。
Félixは自分自身の会社を設立したいと、その設計図を描く。そしてそのためには別の大きな儲けが必要だと。
しかし自分の悪事をAtílioに疑われ始めたFélixは、なんとかしなければ、と考える。
そしてAtílioを自分の家に食事に招き、運転手のMacielに自分の計画を明かし、食事を終えて帰るAtílioの車の後をつけて接触事故を起こさせ、AtílioとVegaに大怪我を負わせる。

Atílioは重傷を負い、手術を受ける。警察の調べに妻のVegaは、事故の相手はわざと接触してきたようだと、証言する。警察から問われ、FélixはAtílioは職場内にはまったく敵はいなかったと答える。
Atílioは記憶をすべて失い、妻は自分の顔も忘れてしまった夫に絶望する。
そんな中、運転手のMacielはFélixに人口呼吸装置の電源を切ってはどうか、とFélixに提案する。
Félixは妻からクラシックのコンサートに誘われるものの、「自分は行かない。」と言い、一人病院へ向かう。
そして眠っているAtílioの呼吸装置の電源を切り、「グッバイって言うべきかな。」と苦しみ始めたAtílioに声をかける。がそこを去ろうとした時、看護婦のJoanaが通りかかり、急いで装置の線をつなぎ、Atílioは九死に一生を得る。

Pilarの兄Amadeuはもう何ヶ月も職がなく、Pilarに助けを求める。
兄の窮状を知ったPilarは、確か病院の食堂の経営担当者が必要だったはずと、話する。
そして姪のLeilaには野心がある、と見て、自分専属の秘書にならないか、私の家に住み込みで、と話をもちかける。贅沢な生活に憧れるLeilaは二つ返事で引き受ける。
しかし決して豊かな生活を送っているとは思えないThalesと付き合っていることは、Pilarに言わずじまいである。

ある日Pilarは、最近事故で両親を亡くし、祖父の残した屋敷に一人住むNicoleのために、彼女を食事に招く。そして自分の秘書として働き始めたLeilaを彼女に紹介し、よい友達になれるよう、示唆する。
ある日Nicoleは好きなクラシック音楽のコンサートに行った時、Leilaの後をついてきたThalesがずっと自分の方を見ていると彼女は勘違いし、自分は始めて人を好きになったとうきうきした気分で家に帰る。

Césarは望まない妊娠をしたと言う患者の相談にのる。その後、秘書のAlineはCésarにサンドイッチを差し入れ、彼は喜んで受け入れる。
そして家では妻のPilarが彼と一緒に食事をしようと待っていたにもかかわらず、彼はお腹がすいていない、と断る。また別の日カップケーキの差し入れをしている秘書を見て、Pilarはその様子を疑う。
Alineは常にCésarの様子を伺い、彼を気遣う言葉を掛けるのを欠かさない。

Valdireneは母親Márciaの助言で、今度は Gusttavo Limaのコンサートに侵入する。
ウィスキーの差し入れをするのだと、彼の楽屋に潜り込み、迫ってみるが、
またもやきちがい扱いをされ、そこを追い出される。
落ち込むValdireneにCarlitoはやさしく接し、二人はキスを交わす。


*今日のキーワード (As palavras-chave de hoje)
carona: ヒッチハイク
arquitetar: 設計(せっけい)する
contrato: 契約(けいやく)
faturar:大儲(おおもう)けする
inimigo: 敵(てき)
perde a memória: 記憶(きおく)を失(うしな)
respirador: 呼吸補助器具(こきゅうほじょきぐ)
スポンサーサイト

category: あらすじ Resumo Amor à Vida

thread: ★海外ドラマ★ - janre: テレビ・ラジオ

コメント

こんにちは♪
新しいドラマ始まったんですね〜(^○^)
何か・・・最初っから 悲しいストーリー&ゴタゴタがスゴイですね(笑)
いつも思うんですが、一瞬誰が主人公だったか 分からなくなるくらい ブラジルのドラマって 手が込んでますよね(-_^)

今後の展開楽しみです(^∇^)
暑いですが、体調気を付けて お過しくださいね〜☆

URL | Noriko #-

2013/06/17 19:24 * edit *

今度のドラマ、最初からおもしろいですよね。毎日欠かさず見ています。
ポル語の先生も、評判いいと言っていました。やっぱり、展開が早いから。
何と言っても、見たことのある懐かしい風景が見られるのも魅力です♡

URL | ホワイトシェル #-

2013/06/17 22:25 * edit *

Norikoさん

Norikoさん、こんにちは。
コメントくださっているのに、今ごろ申し訳ありません。
ようやく少しずつ落ち着いてきました。
Norikoさんはお元気でお過ごしですか?

そうなんですよねー。
半年間の長丁場を毎日見ていても飽きないようにするには
何人ものストーリーを同時展開させていくのが
ブラジルドラマのやり方のようです。
なのであらすじを書くのもどれだけ簡潔に書くか、
いつも悩みます。

また少しずつ書いていきますので、よかったらのぞいてくださいねー♪

URL | Jululú #L8AQBzT6

2013/08/04 10:45 * edit *

ホワイトシェルさん

ホワイトシェルさん、こんにちは。
しばらくです。お元気お過ごしですか?

そうですよねー、今回のドラマではサンパウロの景色も垣間見られますよね。
それにマチュピチュにも旅行行かれましたもんねー。
知っているところがストーリーに出てくると
ドラマに対する思い入れも少し違ってきますよね。

ホワイトシェルさんもこのドラマを見てられるとのこと、
とてもうれしいです♪

URL | Jululú #L8AQBzT6

2013/08/04 10:50 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://novelabrasileira.blog.fc2.com/tb.php/62-c7338020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Perfil

Calendário

Últimos postos

Comentários

Trackback

Páginas antigas

Categorias

Obrigada pela visita!

Contato

Pesquisar

RSSリンクの表示

Link

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。