Vamos assistir à novela brasileira! ブラジルドラマを見よう!

ブラジルドラマを見ながら、楽しくポルトガル語のお勉強をしちゃいましょ!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

あらすじ:Amor à Vida (10/21~10/26)  Resumo da novela Amor à Vida dia 21 a 26 de outubro  

みなさん、こんにちは!
ドラマ、ご覧になっていますかー?

もう11月。日に日に寒さが増し、
冬が近づいているんだなぁと思わせるこの頃です。

さて今日もあらすじを書きました。
いつも読んでくださって、ありがとうございます。


Olá a todos!
Estão assistindo à novela?

Já é novembro! Está esfriando cada dia mais,
então, me faz sentir que o inverno está aproximando.

Bem, hoje também escrevi o resumo da novela.
Muito obrigada por ter lido sempre^^



あらすじ(10/21~10/26)

Ninhoと約束したBrunoはPaulinhaを彼に会わせる。
実父Ninhoの自由な気風に惹かれ、Paulinhaは次第に彼を自分の父親と比べるようになる。
そしていろいろ自分に厳しく接するBrunoの文句を言う。

売りに出されている家の設計図を見せてくれるようAlineに頼まれ、Brunoはそれを彼女の家まで見せに行く。
そして仕事に戻ろうとするBrunoにキスをする彼女に、彼は驚き、急いで彼女の家をあとにする。
そのことを妻のPalomaに相談しようと病院に寄るが、Amarilysの話に邪魔をされ、言うチャンスを失ってしまう。

仕事を終え、家に着き、母親に挨拶しようと彼女の部屋を訪れたFélixは、母親が具合が悪いとベッドに臥せっているのに驚き、彼女の希望ですぐに父親のCésarに連絡をし、病院に連れて行く。
すでに床についていたCésarだったが、Félixからの連絡ですぐさま病院へ向かう。
が、すぐに駆けつけようとするCésarのことがAlineは気に入らない。

いつもと同様、「あなたにもしやのことが起きた時のために。」「子供の将来ことを考えると。」という理由付けでAlineはCésarにさらに2つのマンションを購入することを説得する。
そして再びBrunoを家に呼び、ガウンの前をはだけたまま話をして、Brunoを誘惑する。

医師Jacquesによる手術は…
医師Jacquesによる手術は無事終了し、Pilarは目を覚ます。
虚栄心の強い娘を知っている母親のBernardaは、娘が眠っている間に彼女に化粧を施してやる。
そしてドクターの甘い言葉に、おせじと知りながらも彼女は笑顔で受け答えする。
次々と家族のみんなが見舞いに訪れる中、元夫の愛人Alineが花束を持って白々しく現れたのを知って、Pilarは怒り狂い愛人を追い出そうとする。
愛人に盲目なCésarは「彼女はただ純粋にPilarのことを心配しているだけだ。」と彼女の肩を持ち、
Pilarの治療は他の者に託す、自分はもう何もしない、と怒って病室を出る。
Pilarは元夫との友情までも失ったと、泣き崩れる。

病院の帰り、Alineは叔母のMariahの家に立ち寄り、ことの一部始終を伝える。そしてFélixもPilarもCésarから引き離すことができ、残るは彼だけだと、自分たちの順調な計画にほくそ笑む。

Amarilysは代理母出産計画を進めていた医師Laerteと親友Palomaに息子Fabrícioの受胎のことを話する。
自分の産んだ子だから自分の子だ、と主張するAmarilysにBrunoは敏感に反応し、代理母と言っていたのだから、いまさら自分が育てたいと言うのは間違っていると彼女に言い返す。
Nikoは自分に断りもなく、勝手にFabrícioを検診のために病院へ連れて行ったAmarilysに激怒する。
しかしAmarilysは一歩も譲らず、彼は自分の子供だから自分の思うようにする、と言い張り、病院で二人は口論する。
家ではNikoが養子にしようとしているJaymeが自分の生んだFabrícioと一緒に遊ぶのを好まないと言い、Jaymeを悲しませる。
そしてFabrícioは代理母プログラムの結果産んだ子なのだから、あくまでも自分の子だと言い張るNikoに追い詰められ、AmarilysはとうとうFabrícioは人工授精で授かった子ではなく、自分とEronとの子だと暴露し、Nikoをショックに陥れる。

Márciaは就職のことでFélixに会いに行くというAtílioの身支度を手伝い、見送る。
Atílioの元妻、VegaはFélixの元を訪れ、Atílioの様子を伺い、彼が家に戻ってくるよう口添えしてくれないかと頼む。
Atílioの面接で、FélixはCésarの化けの皮を剥がすこと、Vegaの元に彼が戻ることを条件に、以前と同等の給料を払うと約束し、彼を再び病院での職に戻す。
Márciaのことが頭をかすめたAtílioだが、先日の“25 de março”での騒ぎを思い出し、今の自分にはこの職が必要なのだと言い聞かせ、Félixの条件を受け入れることに決める。

CésarはAtílioが病院での勤務に戻ったことを知り、家でAlineにそのことをぼやく。病院のお金をくすねていたことを調べるために彼は雇われたのだと。
AtílioはMárciaに家を出る、と伝える。そして自分がVegaの元に戻れば、自分の財産の凍結が解除され、元の職を手に入れれば、君に金銭的な援助をすることができ、もうホットドッグを売る必要はなくなるよ、と。
Atílioが家を出て、Márciaは絶望する。
FélixはEronにAtílioが復職したことを告げ、早速EronはCésarに病院の会計を調べるためにAtílioは雇われたのではないか、と報告する。

Ordáliaの娘、GinaはいそいそとHerbertとの食事に出かける。
そして日ごとに彼に惹かれていく。
病院でのHerbertのきつい態度をJoanaから指摘され、昔彼と関係があった、とOrdáliaは答える。
Ordáliaの末っ子Lucianoはとうとう医学履修課程を終え、あとは卒業式を待つばかりとなる。
そのプレゼントとして三つ揃えのスーツを恋人のJoanaからもらい、彼は喜びを隠し切れない。


*今日のキーワード (As palavras-chave de hoje)
reclamar de : ~の文句(もんく)を言(い)
seduzir: 誘惑(ゆうわく)する
lisonjear: おべっかを使(つか)
readmitir:再(ふたた)び受(う)け入(い)れる 
disputar: ~を争(あらそ)
acobertar: ~を隠蔽(いんぺい)する

スポンサーサイト

category: あらすじ Resumo Amor à Vida

thread: ブラジル - janre: 海外情報

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://novelabrasileira.blog.fc2.com/tb.php/67-20d2bae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Perfil

Calendário

Últimos postos

Comentários

Trackback

Páginas antigas

Categorias

Obrigada pela visita!

Contato

Pesquisar

RSSリンクの表示

Link

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。